読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知の望遠鏡

文系教師と理系研究員の本の紹介を中心としたブログです。

冬はやっぱり鍋。

こんばんは。茸です。

 

2月になりました。

 

明後日は立春・節分、暦の上では春へ移り変わる時季だそうです。

 

このところ、関東の方は暖かい日がぼちぼちあるようですが、東北はやっぱり寒い。会社から帰ってくるだけで、カラダが冷えきってしまう。

 

やはり、そんな寒い時季は温かい鍋‼︎

そして、今日の夕飯は鴨鍋です。

 

↓画像は鴨鍋(鴨肉投入前)の様子

f:id:sukekinoko:20170201220228j:plain

 

どうも鴨鍋というのがあまりメジャーでないようで、学生時代に友人に「鴨鍋でもしないか?」と誘っても食べたことない人がほとんどでした。

 

あれほど美味い鍋を知らぬとはなんと勿体ないことか⁉︎と思ったものですが、鍋物という料理は各家庭ごとに独自の文化であるし、まぁ仕方ないことかなと。

 

で、我が家の鍋はというと基本的に野菜たっぷり鍋です。

大根、人参、長ネギ、白菜、水菜、茸、豆腐などが基本具材で、鶏肉、豚肉、魚が日によって変わります。

 

まさに食物繊維大量摂取系鍋なのです。

大量の食物繊維とタンパク質、程よい炭水化物のバランスの取れた栄養配分‼︎いやぁ、健康的‼︎

 

鍋料理は基本的には具材を切って鍋に放り込んで煮込むだけですから、作るのが楽なんですよね。

 

鶏肉や鴨肉の場合は割り下、白だしで味付け。鶏肉からの脂がいい味を出し、鴨肉は特に甘みとコクが強いので、このダシで雑炊にするとこらがまた絶品なのですよ。読者諸賢には、是非とも食して頂きたいものです。

 

豚肉や魚の場合はポン酢であっさりといただくのが、我が家の文化です。
 
しばらくは寒い日は続くようですので、まだまだ鍋のシーズンを満喫できそうです。
 

今日の鴨鍋レシピ

(1人分)

具材

・大根  1/3本

・人参  1/2本

・ごぼう 1/2本

・白菜  1/4玉

・水菜  3束

・舞茸  1/2袋

・えのき 1/2袋

・豆腐  半丁

・鴨肉  100g

 

ダシ

・昆布

・割り下

 

シメ

・うどん 1玉